2012年06月26日

NPO八千代オイコス「畑の学校」主催!じゃがいも収穫体験 参加者募集

240626-4.hayamimi.jpg

市内では様々な農業体験ができるスポットがあるんですが、今回はじゃがいも掘りの体験情報です!
企画したのはNPO法人八千代オイコスさん。
八千代市の環境を守る活動を進めているNPO団体で、花輪川の浄化活動やほたるの生息調査、環境保全&食育をテーマにした「畑の学校」などなど、幅広い活動に取り組んでいらっしゃいます。
※花輪川とは?=都市型準用河川で、八千代緑が丘駅周辺に源を発し、桑納川をへて新川に注いでいる川です。この水は印旛沼へ流れ、千葉県民の飲み水になっています。⇒詳細
「畑の学校」は、農業会館から徒歩約10分にある畑を借りて行われています。八千代市には『農業体験を通じて食べものの育ちを知り、食べものを大切にする心を身につける』という目標が掲げられいるそうで、これらの達成に寄与するべく、市内の子供たちやその保護者と一緒に“土に触れる”機会を設けていらっしゃいます。苗の植え付けやさつまいものつる返し、除草、収穫といった一連の農作業に触れる「農業体験コース」と、収穫のみを体験できる「収穫体験コース」が用意されていますが、今回のじゃがいも掘りは収穫体験コースのひとつだとか。

240626-1.hayamimi.jpg
↑ 約900uもの広々とした畑です。

2月に植え付けしたじゃがいもは、何度か土寄せなどの手入れを行い、無農薬栽培で見守られてきました。そのじゃがいもも、今まさに収穫シーズン!じゃがいもは緑の葉っぱがついている間はイモの成長は続いていて、葉が枯れてくると大きくならないとか。そのため、葉っぱが枯れてきたら収穫どきと言われています。
すでに先週24日に収穫第一弾を終えた八千代オイコスさん。
その様子をお伺いしました!
『今年のじゃがいもは豊作です!6月に入って、台風や集中豪雨で葉っぱのほうはさんざん痛めつけられて、むしろ枯れるのが早まってヨレヨレになってしまいましたが、例年より一株につくイモの数は多い印象です。まずは農業体験コースに参加されているご家族8組と収穫作業をしました。
他の作業をせずイモ掘りだけなら、10分もあれば何株か掘り出せますよ!小さいお子さんでも少し時間をかければ、簡単に掘りだせますので、どうぞお気軽に畑にお越しください。』

240626-3.hayamimi.jpg
↑ 市内幼稚園でも、じゃがいも掘り体験を年間行事に組み入れているところがあるくらい、小さいお子さんにも手軽にできる農作業です。

じゃがいも収穫体験 詳細情報
【開催日時】平成24年7月1日(日)、8日(日)
午前の部(1)9:00〜、(2)10:00〜、(3)11:00〜
午後の部(4)14:00〜
※雨天時は要相談
【会場】農業会館より車で約2分の畑(約15台駐車可)
【料金】1株100円(参考/1株につきじゃがいも6個程度見込み)
【募集対象】どなたでもOK!親子での参加がおすすめです。
【申込み方法】※予約制
お名前、連絡先(電話番号 または メールアドレス)、収穫希望株数、参加希望日時、参加人数を下記メールかFAXでお申込みください。
〔メールアドレス〕hatake@yachiyo-oikos.jp
〔FAX〕047-480-3330
※募集は各回10組程度、定員になり次第締め切ります。
※団体の相談歓迎!

【問い合わせ】hatake@yachiyo-oikos.jp
または 090-1103-8995(「畑の学校」担当:平田)
【ホームページ】http://www.yachiyo-oikos.jp/  

240626-2.hayamimi.jpg

秋には落花生とさつまいもの収穫体験も予定しているそうです。
ぜひ週末、ご家族で畑仕事を楽しんでみてはいかがでしょうか?

●NPO八千代オイコス「畑の学校」主催!じゃがいも収穫体験 参加者募集


posted by やちなび子 at 00:00 | 千葉 ☀ | Comment(0) |  > 体験イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。